指輪

自分の指のサイズを知ろう

結婚指輪を買うにはまず、自分の指の正確なサイズを知ることが大事です。リングゲージを使えば自分でサイズを測れますが、不安な人は大阪のショップの店員さんにサイズを測ってもらいましょう。試着をして自分の指に合うか確かめてから、結婚指輪を購入しましょう。

指輪の取り扱い方

ウェディング

劣化させない方法

婚約指輪と違って結婚指輪は毎日使うものだからこそ、素材やデザインにこだわる必要があります。特に毎日家事をする主婦にしてみれば、掃除や洗濯の邪魔にならないような指輪の方が便利です。大阪で結婚指輪を買うときは、指輪を購入したあとの生活を考えて、なるべくシンプルかつ劣化の少ない素材を選びましょう。結婚指輪が傷つきやすいのは、炊事や温泉に入るときです。指輪をつけたまま炊事をすると、食器によって傷つけられたり洗剤で指輪が抜けやすくなります。炊事や洗濯の洗剤で結婚指輪が劣化することはありませんが、炊事をするときだけ指輪を外すかゴム手袋をして対処しましょう。普段お風呂の入っていて結婚指輪が変色することはありませんが、旅行に出かけて温泉に入るときは注意が必要です。特にシルバーやピンクゴールドは、温泉に含まれる硫黄などによって変色する可能性があります。他の素材でも温泉に入って変色する可能性があるので、温泉に入るときはなるべく結婚指輪を外しましょう。大阪で結婚指輪を買うときは、アフターケアのあるショップを選んでください。アフターケアの充実したショップで買えば、結婚指輪を定期的に手入れしてもらえます。結婚指輪を劣化させないために、傷に強い素材を選びましょう。大阪のショップに出かけたら、どのような素材が結婚指輪に適しているか店員さんにアドバイスを求めましょう。素材の良し悪しは素人では判断できないので、大阪のショップの店員さんの意見を参考にしましょう。

強い輝きを持つシルバー

強い輝きを持つシルバーリングは、価格がお手頃でデザインが豊富なメリットがあります。結婚指輪を使い続けているうちに黒ずんでも、メンテナンスに出せば新品同様の輝きを取り戻せます。大阪でシルバーリングを買うときは、メンテナンス可能なショップを選びましょう。

定番のダイヤモンド

女性にとって結婚指輪にダイヤモンドを付けるのは憧れです。ただし、大きダイヤモンドをつけてしまうと日常生活に支障が出るので、普段使いできるデザインを選びましょう。大阪のショップに二人で出かけて、様々なデザインを見比べてみましょう。